CET10
b0099108_10363022.jpg
b0099108_10361960.jpg
b0099108_1036871.jpg
b0099108_10364065.jpg



CET10に急遽参加しました。
島本と田辺と佐藤「人がいるということ」に音響とセッション!?で参加。
11月の4日に呼び出されて、会場の音響に少し手を加えて、会場の影とのセッションをしました。

作品は非常に島本らしくてすごく良かった。
これから発展しそうな手法でとても面白かったです。

誘ってくれてありがとうございました!

b0099108_10354918.jpg



日程:10月29日 〜 11月07日 (自分の作品への参加は11月6.7日のみです。)

東京都千代田区東神田1-14-1

5F:島本と田辺と佐藤

4F:「1985~1992 津村耕佑 スケッチ」

3F:馬場正尊+竹内昌義

2F:gift_lab

1F:ゆかい


CETは混沌の申し子である。

2002年、それは東京の「西」の混沌の中で命を宿し、

2003年、東京の「東」の混沌の中で産み落とされた。

2004年、形を為そうと試みるも混沌は加速し、

2005年、混沌の容量はマキシマムに達した。

2006年、自ら混沌の中に体制を崩し、

2007年、夜の混沌に紛れようとした。

2008年、混沌を組織しようとする力に反発し、

2009年、混沌は自由な力を得た。

そして2010年、混沌は混沌へと還りつく。

混沌とは、すなわち可能性の別称と言えはしないか。
混沌に生まれ、混沌に還る。それがこのイベントの宿命である。

[PR]
# by twoth | 2010-11-08 10:40
新バンドのライブ終了!
b0099108_1128340.jpg
b0099108_11283891.jpg


ライブありがとうございました!

台風の中来て頂いたお客様本当にありがとうございます。

機会を与えてくれたYEAH RIGHT!!さんに感謝です。

今回は、新バンドでの挑戦でした。
新バンドの構想は一年以上前からあったのですが、なかなかみんなのスケジュールが合わなくて、このライブの2ヶ月前に急遽集まり、一気に詰め込み練習をしました。

今回は、暖かいお客さんに救われたライブでした。

久しぶりのバンド

良いとこもあれば、ダメなとこもあり、やっぱ終わってみるとバンドって楽しいんだよな〜って思いました。
日々の仕事につかれ、人間関係に疲れてるとバンドのような人間関係を楽しめないのがもったいないな〜再確認。

地道に続けて行きますので今後も宜しくお願いします!

b0099108_13295321.jpg



バンドメンバー
金田 貴和子 http://www.myspace.com/tititijp
勝賀瀬 司 http://tsukasa-shohgase.com/w/artik.html
須田 伸一 http://border-records.com/

YEAH RIGHT!! & TALKYの展示会のクロージングライブとして行います。
http://www.yeahright.jp/
http://www.talky.jp

日時 10/30(sat)

時間 会場17時から スタート17時30分からです。
(約20~30分の演奏になります)

場所 渋谷のplayroom http://www.plrm.jp/
b0099108_1330441.jpg


下記が住所になります。

playroom
〒150-0011 東京都渋谷区東1-3-1 カミニート20 (2F) [ Google Map ]
TEL 03-3797-3355 (TOKO FAMILY RESTAURANT共通)

twoth
[PR]
# by twoth | 2010-11-05 11:30
Route Musicの今後
b0099108_16183391.jpg


Route Music

自分の独りよがりかもしれないが「Route Musicの面白さをどうやって伝えればいいのか?」をず〜と考えている。今までのフォーマットに当てはまらない面白さがあるのにうまく伝える事ができない自分に非常にモヤモヤしてしまっている。

まだお披露目してないものと言えば、RAPとのセッションがある。
渋谷の町中を歩きながら自分が好きだった頃のHIPHOPを再現しようと録音した。
やってる事はいたって簡単、iPhoneでリアルタイムにドラミングしながらラッパーとのセッション、そして渋谷の町音を含めリアルタイムにエフェクターで演奏する。
自分の中では、Wild StyleやStyle Warsのような気分で東京の町とRAPとセッションをした、
ただ音源を聞けばこんなの編集すればできるっしょって思われるかもしれないが、集中しすぎて車にひかれそうになったスリリングな空気感が録音には入ってると思う(リリース予定です)

それと同時期に試していた事は、映像との組み合わせ
その一つがUstreamによるリアルタイムの配信。
これは発売記念ライブの時にやった試みだが、これをより面白くできるのではないかといろいろと試した。
これもおもしろいんだけどね、自分と相方(映像配信)だけでは限界です、、、って感じが見えてきてしまい保留中。

もう一つは、ドキュメンタリー的にRoute Musicを捉える事
これが何度もやってみたがダメだった。多くの人の協力も無駄にしてしまうほど、映像とあわせるのが難しい音楽だった。

映像を通して分かった事は

視覚では追いつく事は出来ない音楽である。

東京の音は、複雑に反射しあい、音の発生場所を特定出来ない。

音の発生場所を特定出来ないモノを視覚で捉える事は不可能だと思える。

例えばカメラが何十台での大掛かりの撮影に細か~い編集をしていけばドキュメンタリー的なRoute Music視覚化が可能かもしなれい。でもその映像にはカメラマンは移り込むし、編集作業は非常に困難だという事が分かり、イメージしているものにはならないという事が分かってしまった。
映像として、町の偶然をすべて捉えきる事は不可能に思えた。無指向性の映像機材があれば別の話だが、、、

視覚的に捉える事ができない音楽を作ってるぜと思えば格好は良いのだが、もっとこの面白さを気軽に伝えたいという気持ちが強く未だにいろいろと試している段階である、、、

何か方法があると思うのでまだまだ考えて試してみます。

今後のBorder Recordsのリリースも期待してください!

twoth
[PR]
# by twoth | 2010-10-12 16:20
b0099108_18244434.jpg



タイトル:iPhone, iPad and Music ~手のひらの音楽スタジオと楽器で遊ぶクリエイターズガイド~
著者:小笠原ヒロノ+加藤幹雄

技術評論社 1580円(+消費税)
A5、128ページ、オールカラー

書店発売予定 10/7です!

上記の本にちょこっと出ています。

書店で立ち読みでも良いのでお手に取って頂ければと思います!
[PR]
# by twoth | 2010-09-22 15:32
最近の頭の中
b0099108_18524696.jpg

Route Musicを考えてから3年半が経った。最初はバラバラだったパズルが最近ようやく形になり始めてきている気がする。

今×東京×自分の音楽がRoute Musicだったとすると、最近考えているのは今×限られた空間×自分である。

東京という開かれた空間で音を採取し,セッションするのも面白いが,限られた空間の音と遊ぶのも面白い。

最近,自分のやりたい事を構造的に理解している人に言われた言葉
「音だったら何でも良いんでしょ」
それは否定的な意味ではなくて,すごく開かれた言葉として彼は言ってくれた。

確かに,Route Musicとして、東京とのセッションの本音は,東京の乱雑な音が楽しく思えた事が始まりだった。
東京の音が面白いよって事よりも自分が遊んでみたい欲求の方が先立った。

環境音について、再提示するつもりもない、ただ今の自分が仕事をしながら音楽を作る一つの手段だった。

自分は,John Cageの4:33のような事を言いたい訳ではない。
アイディアの一部はそこかもしれないが、影響を受けたのはそれだけではない。

いろんな物事に影響されて出てきた自分らしい音楽がRoute Musicの考え方なんだと思う。

そこから出てきた考え方を,いろんな方向へ転換し変化させてみようと思う。

最近特にやってみたいのが,ライブハウスでも良いし,ギャラリーでも良い
空間を歪ませる事をやってみたい。
[PR]
# by twoth | 2010-08-25 18:54



twothの日記や音の事について
by twoth
ブログパーツ
ファン
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧